江戸時代から醤油と酒造りを行っていた商家。往時の趣をそのままに残した『讃州井筒屋敷』訪問ッ!

江戸時代から醤油と酒造りを行っていた商家。往時の趣をそのままに残した『讃州井筒屋敷』訪問ッ!

▲ 場所はこちらです。

この記事の目次 非表示

  1. 『讃州井筒屋敷』到着ッ!
  2. まちこまた

『讃州井筒屋敷』到着ッ!

▲ もう少し歩くと讃州井筒屋敷の入口があります。

▲ 壁に窓があったので覗き見w

▲ 讃州井筒屋敷専用の駐車場もありました。

▲ 讃州井筒屋敷入口です。水曜定休。入場無料。母屋のみ入館料300円必要。営業開始は 10:00 から。

▲ 入口左側には、NHK 連続テレビ小説『ブギウギ』のポスター。

▲ 入口右側にはパンフレットがたくさん。

▲ 施設案内図です。

▲ 母屋入口。

▲ 母屋の説明板です。

▲ 母屋外観。

▲ 二之蔵。休憩所とトイレです。

▲ 休憩所の前には『笠置シヅ子』の顔ハメパネル。

▲ 西門もあります。

▲ 五之蔵『楽市楽座』です。

▲ 五之蔵は5つの部屋があり、左から『いろはにほ』と名前が付いています。

▲『ろ』の『二八堂』

▲『に』で映画ポスター展をやってました。

▲ 懐かしの映画ポスターがたくさん。

▲『由美かおる』さんが若いッ!

▲ レトロな車がありました。

▲『ほ』の『ちわわ屋』です。

▲『ホルトノキ広場』

まちこまた

▲ 三之蔵の前にはオブジェがあります。

▲ オブジェ裏面です。

▲ 作品名は『まちこまた』

▲『まちこまた』の説明です。

現場からは以上です。それでは、またッ!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です